トップ 今週のエンターテインメント 来週のエンターテインメント 東京コンシェルジュブログ フラウ東京コンシェルジュ
ホイチョイプロダクションズの東京コンシェルジュ ドラマ『電車男』でマダムも注目の秋葉原は、オタクを見に行く街ではなくオタクになりに行く街!
 秋葉原の入り口、万世橋のたもとに、明治45年、中央線の始発駅『万世橋駅』が造られ、この駅は、大正年間には東京第4の乗降客数を誇る主要ターミナルに成長(中央線の線路変更に伴い昭和18年に廃駅となり、交通博物館に生まれ変わります)。大正14年、この万世橋駅の近くに開業した電器の総合問屋が『廣瀬無線』。やがて、同社に仕入れに訪れる地方の電器店主を狙って、周辺に電器卸売店が次々に誕生。
小平一雅 戦後は、近くの電機工業専門学校(現・東京電機大学)の学生がアルバイトでラジオを作って一般客相手に売ったところ、大成功。その学生たちに部品を売る露天商も集まり、それが進駐軍の指示で駅前に移り、今の電気街の前身が形成されます。今回は、そんな秋葉原のお話です。

950年代、電器の問屋街として繁栄した秋葉原も、1960年代に入ると、町場の電器小売店のメーカーによるチェーン化が進み、小売店が商品を直接メーカーから仕入れるようになったため、商売を一般客相手に切り替えざるを得なくなります。1970年代の秋葉原は、一般家庭が家電品を買いに行く街。わずか1km2に満たない秋葉原の電気街が、日本の電器総売上の10%近くを占めた時期もあったと言います。

時から、秋葉原の電器店は「売場面積500m2以上の大型店は、出店の際、周りの小売店の同意が必要」という『大店法』のため、土地がコマ切れに分かれており(秋葉原だけでなく、古くから発達した都心の商店街はどこもそうでした)、石丸電気LaOXといった急成長を遂げた大型店はしかたなく売り場を複数のビルに分けて展開。1992年に大店法が大幅緩和されると、郊外に売場面積の広い大型電器店が次々に誕生。それに押されて秋葉原の電器店は急速に売上げを落とします。
 そこで秋葉原が活路を見出したのがパソコン。それも、中古品や自作品、ショップブランド品といった、ディープなジャンルのパソコンでした。そうしたパソコンを扱えるのはディープなオタク層だけだったため、90年代、秋葉原の客層は急速にオタク化します。

もそも秋葉原は、総武線と山手線がクロスする交通の要衝。よそ者が簡単に進出できるような地価ではなかったため、秋葉原の変化はしばらくの間、古くからの電器店がパソコン専門店に変わるという枠にとどまっていましたが、1997年に『新世紀エヴァンゲリオン』がヒットすると、それまでオタクしか興味を持たなかったアニメフィギュアのマーケットが一般にも急速に拡大。関連商品を扱う専門店が勢いをつけ、フィギュアや同人誌に対する需要が集中しつつも供給不足だった秋葉原へ続々進出し始めます。

の顕著な例が、秋葉原の象徴とも言える駅前のラジオ会館でしょう。この建物は、昔、ソフトバンクの孫正義やアスキーの西和彦が十代の頃に通ったNECのマイコンキットのショウルームが7階にあって、その跡地には『日本パソコン発祥の地』というプレートが埋め込まれている、由緒あるビルなのですが、97年にフィギュアの専門店、海洋堂が、販売の拠点を渋谷からここに移してきてから、後を追うようにパソコンとは直接関係のないフィギュアやゲーム、アニメの店が続々進出。今やビル内のテナントの7割がそっち系の店で占められています。
 同じことはメインの中央通りでも起こっており、ここを訪れる外国人客は、今では家電品目当てと日本のオタク文化目当てが半々。
 秋葉原のこうした変化が画期的だったのは、大規模な商業開発が行われたわけでもないのに、この街にパソコン好きのオタクが集まるようになり、その客層を狙ってアニメやゲーム系の店が集まるようになり、ごく自然に、電器店が、オタク文化の店にソックリ入れ替わったこと。過去に例のない「偶発的再開発」と言えます。

ころで最近、そんな秋葉原に次なる変化が起ころうとしています。1989年、駅前の神田青果市場が大田区に移転。その広大な跡地はしばらく遊休地になっていましたが、2000年、ここに日本のITセンターを造れという石原都知事の肝煎りで、大規模な商業開発がスタート。その結果、2005年3月、東大のサテライトキャンパスや日立製作所が入った秋葉原ダイビル(ダイビルは大阪の三井系の貸しビル会社)が完成。2006年3月には、その隣りにIT系企業が集まるオフィスビル、秋葉原UDXも完成。さらに、その奥の40階建ての高級分譲マンションTOKYO TIMES TOWERと、2005年8月に開通した秋葉原〜つくば間58kmを結ぶ新線、つくばエキスプレスの地下駅と合わせ、従来の雑然とした秋葉原とはまったく異なる、整理されたオシャレな新街区が生まれつつあります(雑然としたアニメ・ゲーム系の店の並びの向かいに高級マンションがそびえている光景は相当シュールです)。

うした秋葉原の未来について、建築学者で桑沢デザイン研究所特別任用教授の森川嘉一郎さんは、次の3つの可能性を想定しています。 (1)再開発により、秋葉原はオタク層にとって居心地の悪い街となり、オタク離れが始まる。 (2)再開発で生まれたビル群も、次第にオタク系企業や店、広告物に覆われ、結局オタク化する。 (3)再開発区画には従来のオタク文化の中からエスタブリッシュされたもの(例えば宮崎駿)が登用され、中央通りは先端のオタクが展開されるという二重構造になる。
 時代とともに変化を遂げてきた秋葉原が、5年後10年後、森川さんが描くどのシナリオに落ち着くのか、この街からますます目が離せなくなっているようです。

再開発MAP



メッセ・サンオー
秋葉原に4店展開しているゲーム専門店『メッセ・サンオー』の中央通り沿いの本店(TEL:03-3255-3452)。2Fが女性向け同人誌・同人ゲームフロアで18禁ソフトも多数。池袋の『乙女ロード』が話題ですが、秋葉原ならココです。

天使のすみか
ラジオ会館6Fのボークスショールーム内のスーパードルフィー人形専門店『天使のすみか』(TEL:03-5295-8160)。スーパードルフィーとは、身体をパーツ毎に自分で選んでオリジナル・キャラクターを作る人形で、価格は1体最低8万640円。客層は20〜30代の女性です。

CureMaidカフェ
『CureMaidカフェ』(TEL:03-3258-3161)は、中央通り裏のメイド喫茶の走りの店。この界隈は昌平小学校があるため風俗営業が禁止で、メイドが4〜5人いるのと、90分の時間制限がある以外は、いたって健全な喫茶店です。

ラブメルシー
中央通りに2004年に誕生した日本最大のアダルトグッズメーカー『メルシー』の直販店『ラブメルシー』。5階建てのビル一軒がまるまるアダルトグッズ店で、名づけて『大人のアウトレット』。バイブを並べた2階が壮観です。

更新日2005年9月18日
森ビル 免責事項 J-wave